2016年11月14日月曜日

心に残っている映画5選

1.ロボコップ

最も古い映画の記憶。頻繁に観ていた記憶がある。だがかなりグロテスクな内容。昔はそれでも地上波でやっていたということか。そうでなければ親が借りてきたのを観てしまっていたのか。いずれにせよ俺にとって初めてのヒーローだった。

2.ジングル・オール・ザ・ウェイ

地上波でやったのをビデオに撮ってあった。学校をサボった日にやることが無くて何度も観た。主演がアーノルド・シュワルツェネッガーのコメディ映画。シュワちゃんの演技の幅の少なさが身に染みる。驚いた表情は全て同じである。だがそこに暖かみを感じる。

3.マトリックス

初めてDVDを買ってまで観た作品。ゲームも買った。真似も良くした。キアヌ・リーブスがとにかく恰好良かった。だけど弾避けは有名なアレより敵キャラのモーションの方が好きだった。有名なアレは最終的に倒れているから、常人の目で見ると気付いたら人が倒れていただけなのである。ゲームだと敵キャラのモーションで避けられたと思う。

4.ダンサー・イン・ザ・ダーク

1度しか観ていないが刷り込まれてしまった。どういう思いで脚本を作ったのか。この映画でビョークを知った。

5.レインマン

借りてきた映画だが、珍しく何度も観返した。理由はよく分からない。ダスティン・ホフマンの演技のおかげか。「197X バーン ザフューチャーロケンロール」このフレーズが残っている。そんなフレーズあったかどうか確認していないから分からないが。不思議な魅力がある映画。


まとめ


面白かった映画というより、心に残っている映画を選んだつもりだが、面白いと思ったからこそ残っているのかもしれない。純粋に「何を観てきたっけ?」と考え、ポンと浮かんだ映画を選んだ。

2016年11月11日金曜日

心に残っているゲーム5選

1.ウイニングイレブン

このシリーズには最も時間を費やした。10年間買い続けている。今作に限っては、まだ1度しか起動していない。高校生のとき、このゲームを友達とやることが唯一の楽しみだった。コナミには最近思うところもある。だが感謝の気持ちもある。だから感謝の購入を続けている。

2.筋肉番付 vol1~3

ケインコスギは俺の憧れであり、ケインコスギを使いたいが為にプレイしていた。今思えば目押しと連打をするだけのゲームだった。vol3ではポケットステーションで金剛君を育てていた。ポケットステーションとは、メモリーカードでゲームができるもの。当時としては画期的だったが、よくあんなもんやっていたなと思う。周りに、このシリーズを持っている友達は居なかった。

3.メダロット(初代)

不快感を抱く攻撃音。好き勝手に手足を組み合わせた時の外見の歪さ。そういう部分が心に刻み込まれている。ポケモンよりもこちらを多くやった。周りもそうだったと思う。だから思い入れがある。忍びの国に入れた時は嬉しかった。俺はロクショウ派。

4.ストリートファイター5

ゲームにもこういう世界があったのか。今までやってきたジャンルとは異質だった。それを知れて良かった。田舎育ちだから格ゲーに触れる機会は少なかった。もっと若い内に触れていたら、のめり込んでいたジャンルだっただろう。いや田舎じゃやっぱり厳しいか。

5.侍

ベストはこれ。4まで出ているが、やはり初代。マルチエンディングで2時間もあれば1周できてしまう。キャラクター、世界観、BGM、テンポ。全てが俺に合っている。なおかつ裏技、バグ技があり、遊び心が散りばめられた正に俺のために作られたかのような作品。2P対戦だってできる。PS2作品で初めて買った作品というのも大きい。



まとめ


どうやら俺はゲームにストーリーは求めてないようだ。もちろんストーリーのあるゲームもやってきた。しかし思い出そうとすると何も思い出せないのだ。ストーリーを忘れてしまっているのである。驚愕である。

考えていくと、ふざけれるゲームの方が好きだ。ウイイレでもふざけたフォーメーションで友達とやっているときが一番楽しかった。最近はオンライン主体でやることが多く、知らない人とやることがほとんどだからマナーが大事になってしまう。ゲームが悪いという訳ではない。俺が年を取って環境が変わってしまったのだろう。そう考えるとオンラインでもふざけれたグランドセフトオート5は良かった。

最近のゲームはどんどんリアルになっている。それ故に現実逃避したくてゲームをやっているのに現実と干渉することが多々ある。それが少し嫌だから、デフォルメされた世界観の作品が今の俺には合っているのかもしれない。

2016年10月29日土曜日

2016年10月27日木曜日

ログ-23 物ステロ

俺の部屋は物で溢れ返っている訳だが、ほとんどゴミなんだろうなと思う。
漫画でもゲームでも映画でも、何度も見返すってことはあまり無い。だが買って近くに置いときたいんだなあ。これは長年の謎思考。それに心が荒れているときは、更に部屋も荒れる。掃除なんかする気ねえ。ゴミに囲まれていると隠れている気になっているのだろうか。

帰ったらすぐゲームかテレビかPCをつけて寝るまでダラダラする。

この記事、ベッドに寝ながら椅子の上にノートPCを置いて書いている。

ダリイ!ダリイ!ダリイ!

ログ-22 数年に一度調べる曲

テレビでたまにかかるのだが、何ていう曲か分からなくて困る曲。
ここに記録すればもう安心だ。



「ピアノ タララララン タンタタン」でググったら知恵袋で同じ質問してる人がいて、回答も当たっていた。ネットって凄いですねェー。


ログ-21 見出し、行間

ブログの見出し機能にアクセントを付けてみた。

見出しテスト

小見出しテスト

順見出しテスト


bloggerにはテンプレートのカスタマイズ機能があって、その中の「CSSを追加」で文字種類や、行間を変更できる。


↑このサイトを参考に追加させて頂いた。(参考というかそのまんまだが)

以前も見出しを変えてみようと考え、このサイトを見て同じCSSを追加してみていたのだが、なぜか反映されなかった。何度保存しても追加した筈の部分が丸々消えてしまうため、「bloggerの不具合か?」と思い結局諦めていた。だが今回トライしてみても、前回と同じく反映されなかった。これはbloggerの不具合では無いと気づき、いろいろ試してみた。

すると

/*------------------------------------------------------
見出し
------------------------------------------------------*/

この部分も一緒にコピーしてしまっていたのが原因らしい。おそらくこれはCSSの初歩の初歩なのではないかと思われるミス。まあ出来たからいいや。感謝です。

それから行間も変えてみた。今まではデフォルトの設定だったが、これも「CSSを追加」で変更した。調べるとブログの見やすい行間は文字サイズの0.7倍程度らしい。根拠はよく分からない。(感覚か?)だが確かに見やすくなったと感じる。

スマホでの見え方も確認してみると、見出しも行間も反映されていなかった。それは携帯のテンプレート設定をカスタムにし、携帯用のCSSを追加することで解消された。

ついでに文字サイズを15pxに、ブログのレイアウトを2カラム(右にサイドバーがあるやつ)から1カラムに変更した。人の視線は左上から右下(Z)に移動するから2カラムが、、、なんてのも読んだが、まあこの辺は好みだろう。


CSSCSS言うとりますが、ごめんなさい。なんのことかよう知らん。

2016年10月25日火曜日

ログ-20 とりあえずスゲエ言うとること

全米なんたらチャート

先週「ピコ太郎が全米なんたらチャートで何位!20年ぶりくらい!快挙!」みたいなニュースを見た。とりあえずスゲエ言うた。だがその少し前に宇多田ヒカルも何年ぶりかでなんかのランキングの上位に入っていた。その時もとりあえずスゲエ言うた。だがその前にもBABYMETALで言うとった。

ごめんなさい。正直よくわからん。

2016年10月17日月曜日

ログ-19 VR案

PSVRが先日発売された。

いざという時のためにソフトの案を考えておこう。

一人称視点は揺るがない訳だから、何になりたいか。これ重要。


1.逆シーマン
過去のヒット作シーマンになりたい。飼うのではなく飼われる。偉そうなことを人間に説教してやる。俺がシーマン。

2.ディズニー作品
最初ピノキオになりきって物語体験したら面白いのではないかと思った。鼻伸びるしクジラ飲まれるし。だけどよく考えるとディズニー作品全般面白そう。意識してなかったが自分の容姿に劣等感抱いてる作品が結構多い。

3.大谷翔平
怠惰な俺が大谷翔平でも球速150km/hは出せる。絶対出してやる。

4.ピカチュウ
ピカピー言うてみたい。

5.君の名は
心と体を入れ替える。女子高生に俺はなりたい。なる。


2016年10月7日金曜日

ログ-18 ファイアーエムブレムif 暗夜王国

発売当日に買ったものの、このシリーズをろくにやって無いのにも関わらず、調子に乗って難易度-ハード・モード-クラシックで始めてしまい、難しすぎて途中で辞めてしまっていた。ふと再開してみたものの、やはり難しい。

敵の増援が鬼畜なのと、スキル確認不足が原因で予想外の死を迎えてしまう。

味方キャラを自宅に呼び、ひたすらこすり付ける(画面を)ことで仲の良さを増すことができる。




俺が気に入って頻繁にこすり付けているのはシャーロッテ。
初期の兵種はアクスファイター。
「猫をかぶっていて、裏では気性が荒い。だが実は優しい。」
という表裏表の性格は神。
この神に頻繁にこすり付けている。

2016年9月28日水曜日

ログ-17 今日の気づき

セブンイレブンのハムサンド食べて、いろはすサイダー飲んでゲップしたらビール飲んだ時のゲップと同じ。

2016年9月26日月曜日

ログ-16 昼は会計士、夜は殺し屋


特命係長みたいな。
こういう表裏の設定はシンプルで話に入りやすい。

俺もそういうキャラを考えておく。


・昼は測量士、夜は殺し屋
 (渋さ重視)

・昼は医師、夜は殺し屋
 (どうしたい感)

・昼はニート、夜は殺し屋
 (現代社会を切る)

・昼はニート、夜はケーキ屋
 (これはどうか。ニートじゃないか。いや、昼はニートのふりしてたらどうだろうか。)

・昼は測量士、夜はダフ屋
 (お、これいいじゃん!)

・朝はダフ屋、昼は測量士、夜はケーキ屋
 (結局ぐちゃぐちゃな方が俺は好き)

2016年9月20日火曜日

ログ-15 うわわ~

また特に何もしない休日を過ごしてしまった。

自分の話を少し書こう。

俺は高校時代から目立つのが嫌になり自分を消して生きていた。その方が楽だと思い、そうした筈だったのだが、今となっては自分の首を絞めてしまったのではないかと感じる。

他人から自分に対する印象でよく言われるのは、「静か」とか「暗い」とかである。昔はそれでいいと思っていた。だが最近は「俺はお前なんかより無茶苦茶なんじゃ!なめんな!」と心の中で叫ぶようになってきている。

俺は小学生の時、自ら経を作り、学校で唱えていた。「シャミシャミシャーミー」と。年中唱えていた。「シャミシャミシャーミー」と。俺はそういう人間なんだ。

だから他人から暗いと言われると心の中では、「俺は小学校の時すでに『シャミシャミシャーミー』唱えとったんじゃ!貴様はなんか唱えとったんか!」と叫んでいるのである。


2016年8月12日金曜日

ログ-14 怖い話 タクシー女性客

翔べ

ログ-13 スト5 フレームは捨てた

技の発生、持続、硬直等のフレーム数はネットでフレーム表を調べてみれば分かるのだが、それは有志が調べた情報であって、公式の情報ではない。もちろん正確な情報なのだが、そこに頼ってやっていくのは如何なものだろうか。

これからはこのゲームの中でのみ得られる情報を使ってプレイしていこうと思う。


大きな理由は1つ

・フレーム数を覚える気にならない。仕事かよ!


というかまだレバーの持ち方とボタンの押し方をコロコロ替えている。
ピアノ押しも結局挑戦中。

2016年7月27日水曜日

ログ-12 スト5 屈弱P、屈中P


 屈弱P


屈中P


俺はここまでして勝ちたいのか。

そう考え、
これらの技を封印しようと対戦を重ねたが、やはり勝ちたいようだ。

ザンギエフ、すまん。

2016年7月11日月曜日

ログ-11 違うわ漫画家目指すんだった。

忘れてた60歳で漫画家になるんだった。

これも基本大事理論により本を買ってきた。


 ・やさしい人物画 A.ルーミス


ググるとやたらこれが出て来たから買った。

とにかく人物を自在に動かしたいんだ。

まえがきをちょろっと読んだだけだが、俺のモチベーションをくすぐってくれるようなことが書いてある。

一番大事なのは毎日描くことなんだろう。
それは重々分かっている。

まあ読んでみよう。

ログ-10 スト5 今の思い

「ガードしてからの有利・不利とか確定反撃とか(フレームについて)は、訳が分からない。知らん。」とスルーしていたが、やはりそこから学んだ方が良いのかもしれない。と考えを改めている。

当初「数やってりゃ勝てるようになるだろ」位に思っていたのだが、今はただ道のりの長さを痛感している。よく考えてみれば、このシリーズの5年選手、10年選手はザラなのだ。(もちろん初心者もいるが)故に場数・経験で勝つことはかなり厳しい。他のゲームと同じアプローチではダメなのだ。

そもそも数をやってゲームが上手くなるということは、そのゲームのシステムや理論値が感覚に染み付いているだけなのだろう。ということは、先にそういった部分を頭に入れてプレイしていけば、普通にやるより成長は速い筈だ。


今後はここのフレーム表を見ながら、試合後の反省及び対策をトレーニングモードで行っていく。現在20キャラクター。この登場キャラクターの全技を覚えているつもりで。

は?くっそめんど。

2016年7月5日火曜日

ログ-8 スト5 ピアノ押し

アケコンのボタン操作でピアノ押しというのがあるらしい。


 

1:06:00~ ピアノ押し説明

まだ買って3ヶ月、そこまで手癖も付いてないだろうから矯正するのもありか。


実際に高ランカー・ケン使い達のキーディスプレイを観てみると、
確かに必殺技の部分でよく使われていた。

他にも使われている箇所があるかどうか、そういったところにも注目して今後観ていこう。

2016年7月1日金曜日

2016年6月30日木曜日

ログ-6 カレー味のうんこ・うんこ味のカレー



この択。前日にカレーを食べた奴のうんこであれば、カレー味のうんこ味のカレーとなり、うんこ味のカレー1択となる事に気付く。


ログ-5 スト5今

セオリーを忘れていた。やはり画面端へ追いやって戦うのが重要だ。ケンは1コンボで端へ運べるのが強みだと信じよう。少々真ん中でやられるのはしょうがないことにする。

敵のめくり飛びに対する昇竜拳は →↘↓↙+P で出るのか。 しゃがんでいたら ↘↓↙+P で出るような気がする。その辺よく分かっていないが、そうだとしたら非常に簡易だ。

ガードしているときに、通常技を出してしまっているかもしれない。もっと守り切ってから反撃するべきなのかもしれない。その辺なあなあである。他の人のキーディスプレイでも見てみよう。せっかく見れる機能があるのだから。

2016年6月7日火曜日

ログ-4 今週のハンターハンターからの俺の読み

というかヒソカに対する読み。

暗黒大陸の5大厄災

謎の古代遺跡を守る正体不明の球体 兵器 ブリオン
欲望の共依存 ガス生命体 アイ
殺意を伝染させる魔物 双尾の蛇 ヘルベル
快楽と命の等価交換 人飼いの獣 パプ
希望を騙る底無しの絶望 不死の病 ゾバエ病

ヒソカはこの中のひとつ、双尾の蛇 ヘルベルの影響を受けている説。

根拠

1.初期の頃から殺意を抑えられない描写があること。
2.腕をくねらせた立ち姿が多い。これは蛇を暗示している。
3.すぐチンコが勃つ。蛇は男性器の象徴。
4.フルネーム ヒソカ=モロウ。「妖精とグリフォン」「岩の上の女神」「ヘラクレスとレルネのヒュドラ」このあたり。

以上

蛇は「死と再生」の象徴である。
これから起きるのは脱皮。(地下施設にある腹がめくれてる体はブリオンに見せかけた脱皮)

無傷の全裸ヒソカが現れるだろう。

「それって最強じゃん」

そう、最強である。

2016年5月29日日曜日

アンジュルム5選



俺の人生の対極




特に深みを感じる




ええか!?




乙女の逆襲と口ずさむときがある危険さ


2016年5月18日水曜日

ログ-3 ストリートファイターはサッカー

ストリートファイター5(以下スト5)を買った。

こういった格闘ゲームは小学生の頃やっていた鉄拳2以来だ。アーケードコントローラーも買った。

1か月やってみて、これはサッカーだと感じた。如何に守り如何に攻めるか。基本的に画面端へ追いやるのがセオリー。また、ラインを上げるだのセットプレイだのサッカー用語も混じっているようだ。

キャラクターはケンを使っている。理由は女好きでビッグマウス、金髪だが元々は黒髪。好きな物はスケートボード、パスタ。。(すべてウィキによる情報)

こいつは生粋のサッカー選手である。

スト5のケンは前ダッシュが速いようだ。他の技を見ても前への推進力がある。だからガンガン攻めたいところ。だが、個人的に勝負事は攻守のバランスが大事だと考えている。推進力には自信があるからこそ、守りをとにかく固くしたい。イメージとしては、アトレティコマドリ―。堅守速攻。これを目指す。

まだ戦いながら何をするべきか分かっていない。したがって、狙うべきは何なのか。この状況ならこの技。というようにある程度軸となる考えを持つ。これを今の課題とする。

それから1つ用語を考えた。画面端で敵を蹴ること、これをコーナーキックと名付ける。


2016年5月10日火曜日

ログ-2 BABYMETALに見る組み合わせの妙

なぜBABYMETALが目を引くこととなったか。これはアイドルとメタルという、かつて無い組み合わせによる目新しさ。これが大きい。

遡れば、マリオカートがそうだ。マリオとカートを組み合わせることにより、車に乗りながらコインを拾うという新しい発想が出来たと宮本茂さんが言っていた。(松本人志さんとの対談で)

元をただせばカレーライスもそういうことだろうな。

モーニング娘もそうか。

しかしこの組み合わせ、5対5の割合であることが重要である。ローラースケートを覚えているだろうか。あれはローラーが弱すぎたのだ。キックボードを覚えているだろうか。あれはキックが強すぎたのだ。そして残ったのがスケートボード。

5対5の組み合わせにより、スパークが起きるのだ。


2016年5月9日月曜日

モーニング娘。5選


マンパワーみなぎる




振り




多幸感




スピード感




  1. うた‐かた【泡沫】
  2.  水面に浮かぶ泡 (あわ) 。「―の如 (ごと) く消える」
  1.  はかなく消えやすいもののたとえ。「―の恋」「―の夢」


2016年5月8日日曜日

ログ-1 アイドル

アイドル戦国時代なんかと言われるが、戦国武将では無く、靴の考え方に似ているのではないだろうか。昔のアイドルが品良く履く革靴ならば、今のアイドルはスニーカー。より身近にはなったが、大量生産で履き潰す。そして新しいものへ。

目の下にクマを作りながらも歌って踊り、すり減らし辞めていく。これ如何に。

2016年4月10日日曜日

ストレス解消なんてねえ!

ストレス解消なんてねえね。

例えばゲーム。
ゲームをやってストレス解消なんてしねえ。
むしろ貯まるよ。

ジョギングでもそう。
心臓に負担をかける訳だからストレスに決まってんだ。
というかスポーツ全般ストレスだ。

映画を観て泣くとか、テレビを観て笑うとかも
解消方法としてよく言われる。
だけど泣きも笑いも普通じゃない状態だよ。
そんなの絶対ストレス。
泣いても笑っても疲れるんだから。

じゃあ何でそれらをやって、
気分が晴れる気がするかというと、
ストレスの更新をしてる訳だ。
知らないストレスより知ったストレスの方が楽なんだろう。

タバコもそうだ。
煙を吸う行為がストレスじゃない訳無い。
あれはFFでいうリジェネ、ドラクエでいうリホイミだね。
徐々にストレスを更新していく技なんだ。

だからストレスが完全に解消されるってことはないんだ。
ストレス解消ではなくストレス更新。
気分転換ではなくストレス転換。
ストレスの等価交換なんだ。

ストレスが溜まっているときは
別のストレスを与えるしかねえ。

だから俺は俺のケツを叩くよ。
パンッ!パンッ!パンッ!

2016年1月17日日曜日

2016年1月16日土曜日

ダジャレ-8



となりの家のへいは高いってね

ぷぅ~(シ♯)


2016年1月15日金曜日

ダジャレ-7



みさえ「ハハハ やっぱりこの人のサゲは一番よね~」

みさえ「あっ!こらっ!志んの輔~~!」


2016年1月14日木曜日

2016年1月13日水曜日

ダジャレ-5



このコップ自分でコーヒー注いでくれるんだ!

『ロボコップ』


2016年1月12日火曜日

ダジャレ-4



あけましておめでとう。
まだ考え事してたんだ。

『もち論』



2016年1月11日月曜日

ダジャレ-3



あのビーフ、足し算ばかりやってる

「タスマニアだねぇ」


2016年1月10日日曜日

ダジャレ-2



ブラジャーを盗んだ泥棒に思わずこう叫んだわ

「ブラボー!」


2016年1月9日土曜日

ダジャレ-1



路チューばっかりしてから

道端キスしたがりか