2016年7月27日水曜日

ログ-12 スト5 屈弱P、屈中P


 屈弱P


屈中P


俺はここまでして勝ちたいのか。

そう考え、
これらの技を封印しようと対戦を重ねたが、やはり勝ちたいようだ。

ザンギエフ、すまん。

2016年7月11日月曜日

ログ-11 違うわ漫画家目指すんだった。

忘れてた60歳で漫画家になるんだった。

これも基本大事理論により本を買ってきた。


 ・やさしい人物画 A.ルーミス


ググるとやたらこれが出て来たから買った。

とにかく人物を自在に動かしたいんだ。

まえがきをちょろっと読んだだけだが、俺のモチベーションをくすぐってくれるようなことが書いてある。

一番大事なのは毎日描くことなんだろう。
それは重々分かっている。

まあ読んでみよう。

ログ-10 スト5 今の思い

「ガードしてからの有利・不利とか確定反撃とか(フレームについて)は、訳が分からない。知らん。」とスルーしていたが、やはりそこから学んだ方が良いのかもしれない。と考えを改めている。

当初「数やってりゃ勝てるようになるだろ」位に思っていたのだが、今はただ道のりの長さを痛感している。よく考えてみれば、このシリーズの5年選手、10年選手はザラなのだ。(もちろん初心者もいるが)故に場数・経験で勝つことはかなり厳しい。他のゲームと同じアプローチではダメなのだ。

そもそも数をやってゲームが上手くなるということは、そのゲームのシステムや理論値が感覚に染み付いているだけなのだろう。ということは、先にそういった部分を頭に入れてプレイしていけば、普通にやるより成長は速い筈だ。


今後はここのフレーム表を見ながら、試合後の反省及び対策をトレーニングモードで行っていく。現在20キャラクター。この登場キャラクターの全技を覚えているつもりで。

は?くっそめんど。

2016年7月5日火曜日

ログ-8 スト5 ピアノ押し

アケコンのボタン操作でピアノ押しというのがあるらしい。


 

1:06:00~ ピアノ押し説明

まだ買って3ヶ月、そこまで手癖も付いてないだろうから矯正するのもありか。


実際に高ランカー・ケン使い達のキーディスプレイを観てみると、
確かに必殺技の部分でよく使われていた。

他にも使われている箇所があるかどうか、そういったところにも注目して今後観ていこう。

2016年7月1日金曜日